くまくまふぁいんだー

いつまでも超アマチュアカメラマンのBlog

月山ダムと月の女神3(山形県鶴岡市)

f:id:little_dipper:20191006130815j:plain

Canon EOS 5D Mark III / EF24-105 F4L IS USM / ISO100

つづきです。

kuma-photo.hateblo.jp

「月山ダム管理事務所」にやってきました。

鏡のようなガラス張りの建物です。PR施設「月山ダムインフォメーションホール」も併設されているためご覧の通りおっきいです。

f:id:little_dipper:20191006124247j:plain

Canon EOS 5D Mark III / EF24-105 F4L IS USM / ISO400

1階のホールにはダム湖に生息する「お魚ミニ水族館」や1/500で精巧に再現した「月山ダム施設全体模型」や月山ダム周辺地域の「情報検索システム」があります。

f:id:little_dipper:20191006124213j:plain

Canon EOS 5D Mark III / EF24-105 F4L IS USM / ISO4000

「ギンブナ」の水槽を覗いてみました。それぞれ水槽にお魚の説明が書かれたカードがあって、どれも田舎育ちの私には馴染みの深いお魚たちでした。

f:id:little_dipper:20191006124303j:plain

Canon EOS 5D Mark III / EF24-105 F4L IS USM / ISO200

「月山ダム施設全体模型」は、ダムの施設が精巧に作りこまれていて、上流と下流それぞれの方向から見れるようにボタンでぐるりと180度回転しちゃうんです。こういったギミックが楽しいです。

f:id:little_dipper:20191006124338j:plain

Canon EOS 5D Mark III / EF24-105 F4L IS USM / ISO100

「情報検索システム」ジオラマ。「現在地」がここ管理事務所です。半透明の水色部分がダム湖である「あさひ月山湖」です。これだけの莫大な水量をささえるダムって凄いですよね。

月山ダム:あさひ月山湖」「寒河江ダム月山湖」間違いやすいですが、全くの別物です。

f:id:little_dipper:20191006125022j:plain

Canon EOS 5D Mark III / EF24-105 F4L IS USM / ISO200

2階は地域の情報パネルが展示された部屋があって展望デッキに出られます。

f:id:little_dipper:20191006124841j:plain

Canon EOS 5D Mark III / EF24-105 F4L IS USM / ISO640

今にも動き出しそうなリスさん。私は歯の治療中なので、物凄く固そうなクルミの殻を見るだけでウズウズしてきます。げっ歯類の動物って前歯が特徴的ですが、前歯は使うとすり減るので一生伸び続けるんだそうですよ。

f:id:little_dipper:20191006124754j:plain

Canon EOS 5D Mark III / EF24-105 F4L IS USM / ISO100

お待たせしました。今回の主目的はここです。

展望デッキに出るとあさひ月山湖を背にした「もう一人の女神」が待っていました。あさひ月山湖展望広場の女神に比べると随分と可愛いサイズです。

f:id:little_dipper:20191006124711j:plain

Canon EOS 5D Mark III / EF24-105 F4L IS USM / ISO100

こちらも同じアングルでパチリ。やはりダム湖に背を向けて立つ姿は同じです。小さく製作するために多少デフォルメされて?いるようですが、三日月に乗って気持ちよさそうに風を受ける姿はとても美しいですね。

実は一番最初に紹介した管理事務所の外観写真でも女神が確認できます。

ダムはあまり詳しくないですが、次はダムの天端から見てみます。

つづく。

プライバシーポリシーとお問い合わせはこちら