くまくまふぁいんだー

いつまでも超アマチュアカメラマンのBlog

秋田港を散歩33(秋田県秋田市)

f:id:little_dipper:20190706103355j:plain

Canon EOS 5D Mark III / EF24-105 F4L IS USM / ISO100

前回に続いて「にっぽん丸」です。

今回は秋田発着クルーズということで秋田港の中島ふ頭です。

もちろん外国の船舶と違ってSOLASバリアの制限がありませんので、出航を間近で見送ろうとやってきました。

kuma-photo.hateblo.jp f:id:little_dipper:20190706102714j:plain

Canon EOS 5D Mark III / EF24-105 F4L IS USM / ISO100

出航30分前ということでタグボートもやってきました。

本日のエスコート役は「海翔丸(かいしょうまる)」のようです。

240トンのタグボートですが、なんと4,500馬力のすごい力持ちです。

f:id:little_dipper:20190706102832j:plain

Canon EOS 5D Mark III / EF24-105 F4L IS USM / ISO100

能代港の時は見られなかった右舷側の船尾下方です。

完全に修繕されて損傷個所は全くわからないですね。白く塗られたラインが新しいのでこの辺なんでしょうね?

私の大好きな丸くて大きなお尻。キレイになりました。

f:id:little_dipper:20190706103251j:plain

Canon EOS 5D Mark III / EF24-105 F4L IS USM / ISO100

係留索につけられたこの猫ちゃんたち。

いろいろ調べたら「ラットガード」というネズミ除けだったんですね。ロープを伝ってきたネズミをこの猫ちゃんたちが防いでいるわけです。

その昔の船では本物の猫を乗せてネズミ退治をさせていたらしいですよ。

あのタイタニック号にも船乗り猫「ジェニー」のエピソードがあります。

船乗り猫=Ship's cat(シップスキャット)=船の守り神。

f:id:little_dipper:20190706103746j:plain

Canon EOS 5D Mark III / EF24-105 F4L IS USM / ISO100

出航セレモニーが始まるころ、猫ちゃんたちがシュルシュルと回収されて出港準備に入りました。

f:id:little_dipper:20190706105552j:plain

Canon EOS 5D Mark III / EF24-105 F4L IS USM / ISO100

係留索も次々と外されて船の方へ巻き取られて行きます。

f:id:little_dipper:20190706105717j:plain

Canon EOS 5D Mark III / EF24-105 F4L IS USM / ISO100

出航セレモニーも終盤となって、出航の華やかな演出「紙テープ」が次々と投げられます。ちょっと風向きが悪かったのかその多くが船の方に戻ってしまいました。

この出航セレモニーを彩る紙テープの演出は全世界で行われていますが、日本発祥だというのは皆さんご存じでしたか?

紙テープは船内と港のスタッフが事後に回収していて、素材自体も海洋汚染に繋がらないように留意されているそうですよ。

f:id:little_dipper:20190706110152j:plain

Canon EOS 5D Mark III / EF24-105 F4L IS USM / ISO100

ほどなくサイドスラスターの泡立つ音がしてきました。

そして、大迫力の秋田港全体に響く重くて低い汽笛を3回「長音三声」で別れを告げて、ゆっくりと離岸していきます。

何度見ても感動するシーンです。 

f:id:little_dipper:20190706110440j:plain

Canon EOS 5D Mark III / EF24-105 F4L IS USM / ISO100

まだバウスラスターを利かせていますが、完全に離岸したにっぽん丸の全景です。

ここ中島ふ頭では入港時に頭を180度回頭させて右舷側を接舷しているので、このまま港外に出て行けます。

f:id:little_dipper:20190706110642j:plain

Canon EOS 5D Mark III / EF24-105 F4L IS USM / ISO100

にっぽん丸が小さな航跡を引いて動き始めると、無事離岸作業を終えた海翔丸が見えてきました。

f:id:little_dipper:20190706110750j:plain

Canon EOS 5D Mark III / EF24-105 F4L IS USM / ISO100

ここから港外まで寄り添うようにエスコートして行きます。

秋田港の水先案内人「パイロット」(今は水先人というらしい)の出動です。

f:id:little_dipper:20190706110957j:plain

Canon EOS 5D Mark III / EF24-105 F4L IS USM / ISO100

明日は小樽港に入港ですね。

Bon voyage!良い船旅を。

f:id:little_dipper:20190706110831j:plain

Canon EOS 5D Mark III / EF24-105 F4L IS USM / ISO100

さて、にっぽん丸が出航してさみしくなった中島ふ頭。

ずらっと並んでいるのが、大型クルーズ船舶の接舷のために2018年に以前からの物に換えて新しくなった「防舷材」と「係船柱」です。特に防舷材は超高性能型の「エクセルコーンⅡ型」と呼ばれるものです。

クルーズターミナルやクルーズ列車と並んで、10万トン超のクルーズ船(特にラグジュアリークラス、プレミアムクラス)の寄港条件が更に整ったことになります。

8月は「にっぽん丸」のほかに「飛鳥Ⅱ」「ぱしふぃっくびいなす」、外航船の「ダイヤモンド・プリンセス」「アザマラ・クエスト」の寄港が予定されていますので今から楽しみです。

プライバシーポリシーとお問い合わせはこちら