くまくまふぁいんだー

いつまでも超アマチュアカメラマンのBlog

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館9(岐阜県各務原市)

f:id:little_dipper:20190430135107j:plain

Canon EOS 5D Mark III / EF17-40 F4L USM / ISO160

つづきです。 

kuma-photo.hateblo.jp

要撃戦闘機「F-104Jスターファイター」。

アメリカ初のマッハ2級の最高速度を持つ戦闘機として生まれました。

空気抵抗を嫌って前面投影面積を削りまくった結果、ご覧のようなロケットに小さな翼をつけたような超スリムな機体となって、空自では「三菱鉛筆」なんて呼ばれることもあったそうです。

空対空ミサイルの発達によって「ミサイル万能論」が唱えられ始めた時代の戦闘機なので、格闘戦そのものが軽視されていて「戦闘機はミサイルを運ぶだけ」として、このF-104も当初は機銃も装備されていなかったそうです。

f:id:little_dipper:20190430141944j:plain

Canon EOS 5D Mark III / EF17-40 F4L USM / ISO160

よって「最後の有人戦闘機」なんて言われたそうですが、それも一時で、1986年(昭和61)に「F-4EJファントムⅡ」や「F-15Jイーグル」にバトンタッチする形で引退。

模擬訓練とはいえ、このF-104で米空軍のF-15を撃墜した「ロック岩崎」の逸話が有名ですよね。

つづく。

プライバシーポリシーとお問い合わせはこちら