くまくまふぁいんだー

いつまでも超アマチュアカメラマンのBlog

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館5(岐阜県各務原市)

f:id:little_dipper:20190430141032j:plain

Canon EOS 5D Mark III / EF17-40 F4L USM / ISO100

つづきです。

kuma-photo.hateblo.jp

【A3 戦後日本の航空機開発】のエリアです。

カラーリングの違う「T-2」が2機ならんでいます。

f:id:little_dipper:20190430141632j:plain

Canon EOS 5D Mark III / EF17-40 F4L USM / ISO160

白いほうの機体は「T-2 CCV」です。

この「29-5103」はCCV(Control Configured Vehicle=運動能力向上機)研究機で、通常のT-2前期型の機体を改造したものです。特徴がわかる写真をと上からパチリ。

ja.wikipedia.org

f:id:little_dipper:20190430135451j:plain

Canon EOS 5D Mark III / EF17-40 F4L USM / ISO200

主翼前とお腹に取り付けられた「カナード翼」が3枚見えます。

実験機とは言え、カナードがえげつない程カッコイイですね。

政治的な問題から「FS-X」開発が日本単独開発から日米共同開発となって、最終的にF-16を改造開発した機体となった「平成の零戦」ことF-2にはカナードが付かなかったので見ることが出来て良かったです。

f:id:little_dipper:20190430135317j:plain

 Canon EOS 5D Mark III / EF17-40 F4L USM / ISO320

こちらはご存知2代目ブルーインパルスの保存機「19-5103」。

T-2ブルーはこれで3機目ですね。kuma-photo.hateblo.jp

kuma-photo.hateblo.jp

f:id:little_dipper:20190430135521j:plain

Canon EOS 5D Mark III / EF17-40 F4L USM / ISO160

屋内での保存機はこれが初めてですが、この輝きは屋外展示されていた2機とは比べ物にならないくらいピカピカにお手入れされていて今にも動きだしそうですね。

日本の空に映えるキレイなブルーでした。

つづく。

プライバシーポリシーとお問い合わせはこちら