くまくまふぁいんだー

いつまでも超アマチュアカメラマンのBlog

小泉潟公園の白鳥(秋田県秋田市)


Canon EOS-1V/EF24-70 f2.8L USM/Fujifilm SUPERIA PREMIUM400
用事を済ませた後に帰りがけに立ち寄った日没直後の小泉潟公園。
薄暗い湖面に白鳥たちが仕事から帰って来ていたので、ISO400のフィルムに信頼の2.8ズームとは言え、かなり厳しい条件だったけど手持ちパチリ。
今シーズン初めての白鳥はご覧の通り、醜いザラザラの画像になりました。こういった場面では高感度耐性の強いデジタルの出番なんでしょうけど、まだまだフィルムカメラも使っていきたいんです。
f:id:little_dipper:20181008191901j:plain
Canon EOS-1V/EF24-70 f2.8L USM/Fujifilm SUPERIA PREMIUM400
まぁ現在所有しているデジタルも、高感度が得意とは言い難い「EOS-1D Mark IIN」と「EOS5D初代」なので、どちらかというと「EOS-1V」の甲高いシャッター音とフィルム送給音が聞きたくて写真を撮っている・・・こともなんでしょうね。
自宅でネガをデジタル化するときはいつも「CanoScan 9000F」で取りこんでいます。
フィルムスキャン時には9600dpiというとんでもない解像度でスキャニング出来るところがセールスポイントのスキャナーです。
でもその絵は、時間をかけてどんなに設定を弄っても、ぼやっと眠たい絵にしかならなくてガッカリ。
カメラのキタムラとかで「フジカラーCD」でデジタル化すると結構きれいに上がってきます。でも200万画素クラスなのでL版プリント以外はちょっと物足りないかなと思ってしまいます。

プライバシーポリシーとお問い合わせはこちら