くまくまふぁいんだー

いつまでも超アマチュアカメラマンのBlog

奥の細道、蚶満寺(秋田県にかほ市)

f:id:little_dipper:20200224182054j:plain

Canon EOS-1V/ EF17-40 F4L USM / FUJICOLOR SUPERIA X-TRA 400

超久しぶりの更新です。。。なんと今年初めての更新。。。

今年もよろしくお願いいたします。

今回はにかほ市象潟町松尾芭蕉奥の細道で訪ねたことで知られる「蚶満寺(かんまんじ)」に行ってきました。

秋田市から国道7号線を南へ行くとこの看板が左手に見えてきます。このようにコンビニの駐車場にドーンと目立つように立っています。

f:id:little_dipper:20200224201132j:plain

Canon EOS-1V/ EF17-40 F4L USM / FUJICOLOR SUPERIA X-TRA 400

踏切を渡ると松林の中に蚶満寺があります。

江戸時代には「東の松島、西の象潟」と並んで称された景勝地でした。今日では縁あってにかほ市(旧象潟町)と松島町は昭和62年に、全国でも初めて「夫婦町」の盟約を結んでいます。

f:id:little_dipper:20200224193420j:plain

Canon EOS-1V/ EF17-40 F4L USM / FUJICOLOR SUPERIA X-TRA 400

蚶満寺の周辺一帯は、かつて「九十九島」と言われる島々が浮かぶ潟でしたが、1804年(文化元年)の大地震で象潟一帯は隆起して陸地になってしまったそうです。潟であった部分の大半はほとんどが水田になっています。

f:id:little_dipper:20200224202203j:plain

Canon EOS-1V/ EF17-40 F4L USM / FUJICOLOR SUPERIA X-TRA 400

松尾芭蕉奥の細道で訪れた最北の地がここ象潟です。

芭蕉は「奥の細道」で「松島は笑うが如く 象潟は憾む(うらむ)がごとし」と著しています。

f:id:little_dipper:20200224200134j:plain

Canon EOS-1V/ EF17-40 F4L USM / FUJICOLOR SUPERIA X-TRA 400

松尾芭蕉」です。その隣の句碑にはあの有名な歌が彫られていました。

「象潟や雨に西施がねぶの花」

西施とは中国四大美人の一人で、救国の為に敵国に身を捧げた悲劇的な美女です

f:id:little_dipper:20200224201800j:plain

Canon EOS-1V/ EF17-40 F4L USM / FUJICOLOR SUPERIA X-TRA 400

その「西施像」です。

「松島は笑うが如く 象潟は憾む(うらむ)がごとし」

松島は男性的で力強く朗らかで、象潟は女性的で悩み悲しそう・・・とか?

f:id:little_dipper:20200224210954j:plain

Canon EOS-1V/ EF17-40 F4L USM / FUJICOLOR SUPERIA X-TRA 400
旧参道から山門方向です。

とても立派な松の木が両側にずらっと並びます。ここが島(象潟島?)だった頃は船着き場からつながる参道だったんでしょうかね?

f:id:little_dipper:20200224211243j:plain

Canon EOS-1V/ EF17-40 F4L USM / FUJICOLOR SUPERIA X-TRA 400

歴史ある山門の姿です。

山門から先へは行きませんでした。。。

あと少しだけ続きます。

プライバシーポリシーとお問い合わせはこちら