くまくまふぁいんだー

いつまでも超アマチュアカメラマンのBlog

初めてのお伊勢参り15(三重県伊勢市:内宮)

f:id:little_dipper:20190429132806j:plain

Canon EOS 5D Mark III / EF24-105 F4L IS USM / ISO100

つづきです。

kuma-photo.hateblo.jp


御稲御倉
幣殿を過ぎて、石段を左に下りると

荒祭宮(あらまつりのみや)」が見えてきました。内宮の別宮のうち第一位ということで、殿舎の規模が正宮に次ぐ大きさとなっているそうです。

ご祭神は「天照大御神荒御魂(あまてらすおおみかみのあらみたま)」


「神荒御魂(あらみたま)」とは「荒々しく格別に顕著なご神威をあらわされる御魂の働き」のこと。反対に「和御魂(にぎみたま)」とは「神様の御魂のおだやかな働き」のこと。 

もうちょっと調べてみると、神様にも人と同じく二つの側面があって、和御魂は神様の温和な霊力「やさしさ」を示し、荒御魂は勇猛さの反面、粗野で時には人に祟りを及ぼすような霊力であり、神の「怒り」を示している・・・んだそうです。

静と動。陰と陽。裏と表。人間と同じですね。

「二つの側面」で思い出したんですが、

仏教の守護神「金剛力士」の性格を表した2体の仁王像も、阿形像は怒りの表情、吽形像はそれとは違った怒りを内に秘めた表情となっていますね。皆さんご存じのスターウォーズのライトサイド、ダークサイドの思想もこれに近いと思います。そして日本の武士道の要素が強い感じもします。

神社の神使様である「狛犬も同じく阿吽の2体ですよね。神様をお守りするのに何で犬なんだろうと思いませんか?。実は神仏習合の考え方のもとで、仏教の国インドから唐を経て日本に伝わる過程で、獅子(=ライオン)を見たことが無かった日本人が想像を膨らませた結果、犬になってしまったみたいなんですね。

何だか、伝言ゲームで最初がライオンだったのに何でか最後は犬になってしまったみたいな。神様や仏様はこの結果について笑ってくれてるんでしょうかね?

プライバシーポリシーとお問い合わせはこちら