くまくまふぁいんだー

いつまでも超アマチュアカメラマンのBlog

初めてのお伊勢参り2(三重県伊勢市:外宮)

f:id:little_dipper:20190429095910j:plain

Canon EOS 5D Mark III / EF24-105 F4L IS USM / ISO100

 つづきです。

kuma-photo.hateblo.jp

「柄杓童子」。犬の上に子どもが柄杓を抱えて乗っかっていますね。

絵的におもしろいのでパチリ。以下はその説明文です。

-----------------------------------------------------------------

 柄杓童子
  古来より、神宮参詣は人々の憧れでしたが
  実際にお参りができないひとたちの願いを
  叶えたのが、犬の代参でした。柄杓を背に
  した犬が、たくさんの善意に守られながら
  道中を続けたといいます。犬に跨っている
  童子は、優しいこころの象徴です。
                藪内左斗司

 -----------------------------------------------------------------

この柄杓童子のモデルは犬の代参「おかげ犬」なんでしょうね。

江戸時代に流行ったとされる「おかげ参り=お伊勢参り」。その中で様々な事情があって参詣できない人の代わりに、近所でおかげ参りに行く人に一緒に連れて行ってもらっていたのが「おかげ犬」なんですね。

この説明文にあるのは、犬だけでお伊勢参りをしてきたという「代参」のことだと思います。代参の証をしめ縄などでつけていたらしいので、柄杓がそれですかね。

福島県須賀川市の「十念寺」に弔われている秋田犬の「シロ」は、「人の言葉が分かる」というお利口さんで、シロひとりでお伊勢参りをしてお札を持ち帰ったと伝わっているそうですよ。 

f:id:little_dipper:20190429100030j:plain

Canon EOS 5D Mark III / EF24-105 F4L IS USM / ISO100

この横断歩道を渡ったらいよいよ外宮です。

つづく。

プライバシーポリシーとお問い合わせはこちら