写真工房こぐま

秋田市在住の超アマチュアカメラマンです。

船川港を散歩2(秋田県男鹿市)

f:id:little_dipper:20170812221832j:plain

Canon EOS-1VHS / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400

船川港を散歩(秋田県男鹿市) の続き。

現在の「飛鳥Ⅱ」は、1990年に日本郵船の子会社だったクリスタル・クルーズの

「クリスタル・ハーモニー」として竣工。2006年に日本郵船が買い取って、改装の後、

初代「飛鳥」の後継船「飛鳥Ⅱ」となって現在に至っています。

初代飛鳥のシンボルマークだったAの文字とアルバトロスを組み合わせた

「アスカ・クルーズ」のマークがそのまま受け継がれていますね。

f:id:little_dipper:20170812223312j:plain

Canon EOS-1VHS / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400

伝統のファンネルマーク。白地に2本の赤の線で「二引」。

横浜港に係留保存されている「氷川丸」にも二引のマークがありますよね?

f:id:little_dipper:20170812225359j:plain

Canon EOS-1VHS / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400

かつて多くの豪華客船を保有していた日本郵船が、1960年(昭和35)の氷川丸引退で

途絶えていた客船事業。

その復活第一号が初代飛鳥だったんですね。

f:id:little_dipper:20170812225504j:plain

Canon EOS-1VHS / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400

七つの海をを航海する「二引」のマークは、世界の通行手形のようなものですね。

f:id:little_dipper:20170812225746j:plain

Canon EOS-1VHS / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400

忘れちゃいけない飛鳥Ⅱのおしり。

これ以上下がることが出来なくてこんなアングルになってしまいました。

「横浜港」船籍となった飛鳥Ⅱ。大先輩の氷川丸も係留されている横浜は、

郵船クルーズの本社所在地でもあるんですね。

これに一度は乗船して旅してみたいなぁ~と思うこのごろです。