写真工房こぐま

秋田市在住の超アマチュアフォトグラファーです。

大森山公園のSL4(秋田県秋田市)

f:id:little_dipper:20170625201104j:plain

Canon EOS-1V / EF17-35 F2.8L USM / Fujifilm SUPERIA PREMIUM400

大森山公園のSL3(秋田県秋田市) の続き。

雪国仕様の証?「旋回窓」。

これ手動なんですかね?

→真ん中がモーターになっているんですね。

f:id:little_dipper:20170625200035j:plain

Canon EOS-1V / EF17-35 F2.8L USM / Fujifilm SUPERIA PREMIUM400

「製造52年3月」と書かれた圧力計。

1952年は現実的じゃないので、昭和52年製なんでしょうね。

ということは、廃車後に取り付けられたということでしょうかね?

f:id:little_dipper:20170625203934j:plain

Canon EOS-1V / EF17-35 F2.8L USM / Fujifilm SUPERIA PREMIUM400

以下、看板より拝借・・・

 

        機関車のような前進とたくましさを
形式 D51232  重量 機関車(空) 70.07t  炭水車(空) 19.40t
          長さ 19.730m  幅 2.936m  高さ 3.980m

経歴
 この機関車は、昭和13年 国鉄土崎工場において、D51形式 としてはいちばん
初めに製造されたものです。その後、青森、弘前、秋田の各機関区に配属となり、主として
秋田を中心とした奥羽本戦で活躍し、今日まで旅客車や貨物車を引っぱり、1,789,952.1km
という長い距離を走りつづけたゆい緒あるものです。
最近奥羽本線も着々と電化が進められていますが、その間、この蒸気機関車がりっぱに
使命を果たし、ここに栄光あるその勇姿を末永く保存することになり、秋田鉄道管理局
から秋田市にその管理を移されたものです。
             昭和46年7月 秋田市

 

大森山公園のSL3(秋田県秋田市)

f:id:little_dipper:20170625193939j:plain

Canon EOS-1V / EF17-35 F2.8L USM / SUPERIA PREMIUM400

大森山公園のSL2(秋田県秋田市) の続き。

調べてみましたが、生まれた1938年(昭和13)から戦後の1948年(昭和23)頃までの

所属がよくわかりませんでした。

 1938年(昭和13)、鉄道省土崎工場で製造

 1938年(昭和13)、青森?

 1943年(昭和18)、弘前

 1948年(昭和23)、1月弘前

 1957年(昭和32)、11月弘前

 1967年(昭和42)、3月秋田

 1968年(昭和43)、4月秋田

 1970年(昭和45)、11月青森

 1971年(昭和46)、3月土崎工場

 1971年(昭和46)、6月土崎工場で廃車

 1971年(昭和46)、7月大森山公園で展示

 

f:id:little_dipper:20170625194632j:plain

Canon EOS-1V / EF17-35 F2.8L USM / SUPERIA PREMIUM400

数年前に外装の修繕と塗装を行ったので、随分と見栄えが良くなりました。

大森山公園のSL2(秋田県秋田市)

f:id:little_dipper:20170625181951j:plain

Canon EOS-1V / EF70-300 F4.5-5.6 DO IS USM / Fujifilm SUPERIA PREMIUM400

大森山公園のSL(秋田県秋田市)の続き。

別の日ですが、午後から時間をみて大森山に出かけました。

逆光のアングルですが構わずパチリ。

f:id:little_dipper:20170625182531j:plain

Canon EOS-1V / EF70-300 F4.5-5.6 DO IS USM / Fujifilm SUPERIA PREMIUM400

秋田生まれの車両「D51232」。

鉄道省(後の国鉄)土崎工場(現在の秋田総合車両センター)製造1号機として生まれて、

激動の昭和の時代を秋田と青森で過ごした機関車のようです。

じゅんさいの摘み取り(秋田県山本郡)

f:id:little_dipper:20100523144845j:plain

Canon EOS-1D Mark II N / EF24-70 F2.8L USM / ISO200

ここ三種町は国内生産量日本一の「じゅんさい」が特産となっています。

じゅんさい」は淡水の沼に生息する水草の一種で、春から夏にかけて

じゅんさい沼はこのように緑色の葉で覆われます。

新芽はプルンとしたゼリー状になっていて食用として摘み取られます。

収穫時期は4月の終わりごろから9月ころです。

収穫はこんな感じで一人で小舟に乗って手作業で行われます。

私はバランス感覚が極端に良くないので、

恐らくお笑い番組の罰ゲームみたいになると思います。

新幹線の秘密基地2(秋田県秋田市)

f:id:little_dipper:20100523181253j:plain

Canon EOS-1D Mark II N / EF24-70 F2.8L USM / ISO500

新幹線の秘密基地(秋田県秋田市) の続き。

E3系が秘密基地(秋田車両センター)から出てきたところをパチリ。

f:id:little_dipper:20100523181452j:plain

Canon EOS-1D Mark II N / EF24-70 F2.8L USM / ISO500

跨線橋の狭い歩道から金網越しで撮影です。

交通量が多い道路ですので、おしりをクルマがビュンビュンかすめていくので、

あわててシャッターを切りました。折角の端正なお顔に信号柱が・・・。

能代港を散歩4(秋田県能代市)

f:id:little_dipper:20170617183538j:plain

CONTAX TVS / Carl Zeiss Vario Sonnar 3.5-6.5/28-56 T* / Fujifilm NATURA1600

はまなす展望台を降りて、はまなす画廊の続く防波堤への通路。

この木造のフェンスが可愛かったのでパチリ。

ところどころ壊れていますが、ラティスにデザインされてるのは

おっきな船と入道雲でしょうかね。

能代港を散歩3(秋田県能代市)

f:id:little_dipper:20170617143453j:plain

CONTAX TVS / Carl Zeiss Vario Sonnar 3.5-6.5/28-56 T* / Fujifilm NATURA1600

白神山地が見える方角・・・ですが雲が低いですね。

f:id:little_dipper:20170617143722j:plain

CONTAX TVS / Carl Zeiss Vario Sonnar 3.5-6.5/28-56 T* / Fujifilm NATURA1600

はまなす展望台の入口方向。

展望台から見ると、タイル張りの広場にかわいい「恐竜?」が居ました。